スコープドッグRSC #12 ~パンツの改修完了~

◆ 連日の

疲れと関節炎の痛みでプラモどころではなかった最近でした。

しかしこのままだと、自分で考えた恥ずかしいハンドルネームを自分で名乗るようになってしまう…
それだけは何としても避けなければなりませんw

というワケで、昨夜はかなり久しぶりに作業部屋に上がりました。

パンツの加工の続きです。

股関節(と言うのかな?)はふんどしではなく上部になるので、接続部を3㎜厚で設置します。

穴の位置はセンターに寄りすぎると股が開かないし、外に寄せると腰のアーマーが不格好に開いてしまうので、結構シビアです。

位置はちょっとだけ前方に。

この見えない後ろ側に2㎜の角棒で補強して、接着剤をベッタリと。

この接続部の3㎜とクリアランスの1㎜で、4㎜ほど脚部が延長となりました。

ボールジョイントを入れる時もだいたいこのくらいの延長になるので、バランスは悪くないのかと。

試しにアルミ線でつないでチェックしてみます。

こんな感じ。

ちょっと俯瞰から見てると、

悪くない気はしますよね。

でもアレ。

ポージングの微調整は全くできないので、その都度一旦外してアルミ線をペンチで曲げてやらないといけません。

これはかなり面倒ですね。

この機体はポーズを決めたら瞬着を流して固定にしたほうが良さそうですね。

まあとりあえずは接着剤が完全に硬化したら関節の位置を調整し、ボディの加工に進んでいきます。

コメント