相棒列伝 3 MAZDA CX-7

◆ワケあって
記事にしていませんでしたが、レビンに替わってぼくが次の相棒に選んだのは…

MAZDA CX-7でした。
初めて試乗したときからぼくの中ではコイツに決まっていたんですが、他のクルマも見てみないと、と言う家族からの意見で色々と検討しました。
とは言っても他はハリアーくらいしか見ませんでしたけどね。

気に入ったのはやはりこのデザイン。万人にはウケなそうなところがまたいいんですよ。
ぼくの場合、やっぱり永い付き合いになるんでしょうからデザインは何よりも重要な要素です。

さらにぼく好みに仕上げる為に色々とオプションを選んでいったら、結局納車まで1ヶ月以上もかかっちゃいました(笑)
待った甲斐あってなかなかいい仕上がりになってとても満足しています。

それと、忘れちゃいけないのが、マツダのディーラーの方々の対応です。
初めて行った時からスタッフの方全員がとてもいい感じで対応してくれました。
買うなんてまだ何も決めてませんでしたが、「買うならここで!」と思いましたからね~。
高い買い物になりましたが、マツダの皆さんのおかげで、とてもいい買い物が気持ちよく出来ました。ホントにありがとうございました。

また、マツダ車を検討してると言う事で、参考にとRX-5さんからDVDを送っていただきました。
これを見て一層マツダが好きになりましたよ!ありがとうございました。

これでぼくも、RX-5さん、Ranさん、ガンプに続いてマツダ党となりました。大事に永く乗りますね!

コメント

  1. […] ぼくのクルマって、国産車史上屈指の不人気車ですので、同じのをあまり見かけません。 なので、こういうシチュエーションは珍しくて、ちょっとうれしくなりました。 […]