【予算10万円】オンオフ使えるレザーバンドの腕時計おすすめ10本

◆前回

オンオフ使えるメタルバンドの腕時計のおすすめを紹介
しましたが、自分で書いていて「やっぱりレザーバンドも必要なんじゃない?」って気がしてきましたw

なので、今回は前回同様、オンでもオフでも使えるレザーバンドの腕時計のおすすめを紹介していきます。

まず、レザーバンドの腕時計の特徴というか、メタルバンドの腕時計との違いを考えてみましょう。

レザーバンドの腕時計は、他の素材のバンドのものと比較して、レトロでクラシカルな雰囲気を持っているというのが最大の特徴です。
腕時計って、機能は進化していても歴史のあるアイテムですので、やはりレトロなデザインとの相性は抜群にいいんだと思うんです。
時計愛好家に、「腕時計に1番よく似合うバンドはレザーだ」と言う方が多いのも頷けますよね。

レザーバンドの腕時計はメタルバンドと比べればいくぶんドレス寄りのポジションですので、ビジネスシーンだけでなく、キレイ目のカジュアルスタイルとの相性がいいのは言うまでもありません。

もちろん、ラフなカジュアルにも合うデザインのものも数多くありますが、レザーバンドは汗や水に弱いので、そういうシチュエーションでの着用は避けたほうが無難です。

 

◆10万円の予算でレザーバンドは選択肢が広い

腕時計のレザーバンドは、メタルバンドよりもアラが見えにくいパーツです。
廉価のものでも高級感がありますので、本体がしっかりしていれば全体が高そうに見えるというのも特徴ですので、10万円以下という縛りの下では、メタルバンドの腕時計よりも選択肢が広くなってきます。
レバーバンドの腕時計は、バンドを交換しなければならない分、購入時は多少ですが割安とも言えますね。

そんなワケで、おすすめいってみましょう!

 

【1】ZEPPELIN(ツェッペリン)LZ129 ヒンデンブルク オートマチック 7060-4N

 

ドイツのウォッチメーカーZEPPELINは、比較的新しいブランドながらクオリティの高いモデルを手頃な価格で提供し、ここ数年で人気の高まりを見せています。

飛行船のコクピットをモチーフにデザインされたZEPPELINの腕時計は、クラシカルで上品な表情が特徴。このモデルは自動巻きムーブメントを搭載し、他のモデルよりも格上の位置付けとなります。
ケースも40㎜と、スタイルを問わず合わせやすいのもいいですね。

 

【2】TISSOT(ティソ)PRC200 パワーマティック80

 

モデル名のPRC200には、Precision(高精度)、Robust(堅牢)、Classic(クラシック)、200(20気圧防水/水深200m)の意味があり、クラシカルな表情を持ちながらタフなモデルとなっています。
パワーリザーブ80時間の高性能な自動巻きムーブメントを搭載し、スタイルやシチュエーションを問わず着用できる1本です。

 

【3】EPOS(エポス)オリジナーレ 3427ASL

 

正統派の自動巻きというトラディショナルな雰囲気の漂うオリジナーレ3427ASL。
オヤジっぽくなりがちな黒いレザーバンドもそう見せないクリアで品のあるデザインが魅力的です。

サイズも40㎜と程よく、ビジネスでの使いやすさは間違いのないところ。
ニットやジャケットなどのキレイ目のカジュアルスタイルにも抜群の相性です。

 

【4】JUNGHANS(ユンハンス) マックスビル 027/3500.00

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユンハンス マックスビル 027/3500.00 自動巻 腕時計 メンズ JUNGHANS Max Bill
価格:84500円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

 

ドイツ最大のウォッチメーカーJUNGHANSは、ドイツらしい高い機能美と品質を併せ持つ腕時計が人気。昨今人気のシンプル薄型腕時計の草分け的な存在です。
この自動巻きムーブメントを搭載したマックスビルは、ケース幅も38㎜と一般的なサイズとなっており、オンオフでの高い対応力に期待できますね。

 

【5】ORIS(オリス)クラシックデイト

 

非常にシンプルでクラシカルな表情のクラシックデイト。
黒のレザーバンドに黒いダイアルでもアクの強さを感じさせないのは、ORISの持つ上品なテイストの賜物なんじゃないでしょうか。

オンオフ対応のレザーバンドの腕時計は、キレイ目寄りとなるのが常ですが、ミリタリーウォッチをベースとしたデザインは、よりカジュアルなスタイルに対応できるのが強みですよね。

 

6】Yonger&Bresson(ヨンガー&ブレッソン)シャンボール YBH8356-10

 

フランスのウォッチメーカーYonger&Bressonは、シンプルでクラシカルなデザインの腕時計が主力。
美しい仕上げと、自社製の自動巻きムーブメントを搭載していながら、リーズナブルな価格となっており、2013年の日本初上陸以来、年々注目度の上がってきているブランドです。

ローマ数字が目を引くクラシカルな外観は、飽きの来ない長く使える腕時計になること間違い無しの逸品です。

 

【7】HAMILTON(ハミルトン)ジャズマスター マエストロ スモールセコンド H42515555

 

非常に人気の高いHAMILTONのジャズマスター。中でも自動巻きのマエストロスモールセコンドは、長く使えるモデルとして非常におすすめです。
シンプルでクラシカル、そしてとてもクリーンなその表情は、デキる男の腕時計といった風格があります。

 

【8】ORIENT(オリエント)オリエントスター セミスケルトン WZ0201DK

 

ぼくが密かに注目しているのが、このオリエントスターセミスケルトン。
非常に高精度の自動巻ムーブメントにこの繊細ながら武骨な表情がたまりませんよね。

ブラウンのレザーバンドにブラウンのダイアルに高機能が融合し、非常に個性的なルックスとなっており、これが6万円で買えると思うと、もの凄くリーズナブルだと思いますよ。

 

【9】CITIZEN(シチズン)シチズンコレクション クロノ BY0132-04E

 

エコドライブの電波時計というCITIZENの基本的な性能に、ワールドタイム機能を搭載。
CITIZENが作るとレトロな外観も新しく見えるから不思議ですよね。ブラウン×ブラック×ゴールドのコントラクトもいやらしいギラツキがない非常に優れたデザインです。
ビジネスシーンではクレバーな雰囲気を、カジュアルシーンではレトロでスポーティな雰囲気を演出してくれます。

 

【10】SEIKO(セイコー) プレザージュ プレステージライン SARW025

 

ミリタリーウォッチをより上品に昇華させたらこうなりました。という風格のこのモデル。
パーツの一つ一つに至るまでこだわり抜いて作られているのが大きな特徴です。
そんなシチュエーション、そしてどんなスタイルにも合う高い汎用性を持ちながら高級感も併せ持つ、使いやすい1本です。

 

以上、レザーバンド編でした。
レザーバンドの腕時計って、すごくオシャレで大人のイメージですよね。
毎回の事なんですが、こうして紹介してると自分でも欲しくなってきちゃいますよねw

次回はまた違った視点でのおすすめ腕時計を紹介する予定です。
お楽しみに!

 

 

コメント