10年前を思い出させる大地震

◆2月13日の夜は、

カミさんとヲタ恋を観てたんです。
横ではナナが寝ていて、まったりとした夜のひとときを過ごしていたんですが…

グラグラ…という揺れを感じた瞬間、スマホからあの音が…
23時過ぎの出来事でした。

揺れはどんどんひどくなり、ぼくはナナを抱えて水がこぼれないようにグラスを持ち、カミさんはテレビを押さえ、地震がおさまるのを待ちます。

揺れはかなり大きく、食器棚のカップ類が割れ、2階からは物が落ちる音。
怖いというよりも、「ええ~?また~?」という思いが強かったです。

揺れがおさまり2階に行ってみると、10年前のあの日と同じ光景が…。

テーブルや本棚から落ちたモノが散乱しています。
が、東日本大震災以来、あんまりモノを増やさないようにしていたので、基本的に被害はなし。
主な散乱物はぼくのプラモ関係でしたw

隣の実家もほぼ被害はなしということで、とりあえず一安心。
ライフラインも異常なしということで、みんなでお片付です。

ウチでは食器がいくつか割れて、その破片が飛び散ったキッチンのマットとスリッパがダメになった程度の被害で済みました。

2階のプラモも、棚の積みプラが崩れ落ちた程度でしたが、棚に置いてあった、

ゲルググがダイブし、シールドにリアルのダメージが付いたのと、

コクピットに収まらなくて放置していたタコの椅子が壊れた程度で、大きな被害はなしでした。

コンプレッサーが棚からダイブしていて一瞬気が遠くなりそうでしたが、動かしてみたら正常に動きホット一安心。
ウチでの被害はホントに軽微なものでした。

1時半くらいに片付けがあらかた終わりTVを観ていると、S-PALから電話があり、スプリンクラーが作動して水が出たとのこと。
どの店にどれだけの影響が出ているかわからないので、翌日は早く来て欲しいとの連絡でした。

3時に寝て6時半に起き、支度をして7時半に家を出ます。
行きしなにクルマのガソリンを満タンにしました。10年前にはこのガソリンが無くなってひどい目に遭いましたからね。

8時に館に到着すると、掲示板には本日休業の文字が。
結構被害があったのかな?なんて話ながら店に行ってみると…

設備の人たちが大勢店にいて、天井から水がボタボタ落ちており、床も一面水浸しとなっていました。

ウチはスプリンクラーというよりも天井の水道管から漏れた水が落ちてきて床が水浸しになっていました。

商品にはそれほど被害はなかったものの、照明も点けることができないため、店内の片付けができません。
仕方ないので、床の水をかき出す作業だけをしてこの日は撤収。

いやぁ、家や家族が無事だったので安心してましたが、店のダメージが甚大です。
なんだか10年前の記憶が蘇ってくるようでしたね。


家に戻ってみると、いつもは居ないぼくとカミさんが帰ってきたので、大喜びのナナw
天気が良くて暖かかったので、ナナを散歩に連れて行きました。

めちゃめちゃいい天気で暖かく、人や犬がたくさんいました。

ぼくたちもカミさんとこうして昼間に出かけるのが久しぶりだったので、つかの間の休日を楽しませてもらいました。

17℃ですから相当暖かかったんですよ。
もう地震がなかったら最高の休日って感じでした。

庭の福寿草もキレイに咲きました。
とにかく地震がなければいい休日ですよホントにw

ただ、翌日は大雨の予報だったんで、洗車はガマンしましたけど。

S-PALから連絡があり、16日も休業となりました。


16日はいつもよりもちょっとゆっくり支度をして店に。

天井から落ちてきた水は止まったものの、依然として照明は点けることができず、床も湿って汚いままなので、作業をすることができません。
濡れて使えなくなった用度品を処分して、後方の荷物を運び出してこの日の作業は終了。

ウチの被害は、PCを入れていた革のバッグ(結構高かった)とアイロン台。
この程度で済んで良かったと思いましょう。

明日照明が点くようになったら、床を清掃&消毒してもらい、水のかかった商品を選別したらとりあえず復旧の第1段階は終了。
あとは照明が元に戻れば営業は再開できる感じですが、これが1日2日でできるかどうかというところ。

夕方S-PALから連絡があり、明日の16日も休業が決まりました。

明日も片付けに行きますが、明日でどこまでできるか。
まだ再開まではかかりそうな気がします。

今回の10年前を思い出させる大地震。
10年の節目、なんて人間が勝手に思ってたものも、自然はいとも簡単にひっくり返してくれましたね。

とにかく、1日も早く営業が再開できるように毎日頑張って作業しますよ!

コメント