J.J.専用ゲルググ #6 ~次から次に~

◆今日はレオンさんのリックドムをトイスかんのに持ってって、ぼくのと2体並べてセッティングして写真撮り&ガンプに送りつけて即アップ!のつもりでした。

ショーケース展示用の作品プレートを作ろうとしていたら・・・
「こんにちは~」1人の女の子がぼくを訪ねてきました。

その子はぼくがよく行くお店のアルバイトスタッフでした。接客している姿が明るくハキハキしていて、若いのにたいしたもんだなぁと感心していたんです。
そのうち姿が見えなくなって、他のスタッフに「そう言えばあの子どうした?」と聞いてみたら少し前に辞めちゃいました、との事。ぼくは「もったいないから連絡取れるんならウチで働くように言っといて」と頼んでおいたんです。2週間くらい前の話です。
セールの忙しさで忘れていましたが、今日「話を聞かせてください」とやってきたわけです。

近くの喫茶店で会社と仕事の事を一通り説明しました。
彼女は途中から面接を受けてるみたいな感じになってましたが、ウチで働いてみない?と言ってるのはこっちのほうなんで、採用不採用じゃなくて、興味があったら是非やって欲しい、と言ったところ、「よろしくお願いします」との答え。

そんなわけで、また1人入社が決まりました。
スタッフは何人も採用しましたが、接客が気に入ってスカウトしたのは初めてです。彼女にはホントに頑張って欲しいですね。

そして気が付けば夜になってしまい、トイスかんのは明日になっちゃいました。

◆そして久しぶりにキットに触りました。

ビームマシンガンの仕上げ。
荒削りの状態のものにペーパーをあて、消えてしまったモールドを復元して、丸モールドにはピンバイスで穴をあけています。

とにかく、カタチが複雑なんで、ペーパーがけは大変です。これ1つに2時間もかかってしまいました。でも銃は目立つアイテムですから手を抜くわけにはいきませんからねぇ。

◆そんなこんなで現在午前3時。
やらなきゃいけない仕事を思い出しました。
これから少し書類を片付けて、サッカーでも見るとしますか。

次から次とやることがでてきます。まったく困ったモンです。

コメント