1/35 マーシィドッグ #1 ~7年前の続き~

◆もう
みなさんご存知でしょうけど、先週末、オラザクの結果発表がありました。
また、ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)の決勝戦も行われました。

なななんとぉ!
たみーさんがGBWCで堂々の3位!銅賞受賞です!!

YOUTUBEで授賞式の模様がアップされてます。
RRMのフロントプリントのTシャツを着たたみーさんがステージに上がり、なななんと松井玲奈嬢からトロフィーを授与され握手まで!

たみーさん凄いですねぇ~。
仲間内からこんな大きな大会での受賞者が出て、なんか自分の事のようにうれしいです。

たみーさん、おめでとうございます!

一方、オラザクの方は…
キンドーさんがなななんと銀賞受賞~!!!

すげぇ~!
身近な仲間から2人も受賞者が出てホントにビックリです~♪
キンドーさん、おめでとうございます!

その他、メンバーや友人のモデラーも1次通過者がたくさん!
みなさん、おめでとうございます!

しかし、RRMオラザクチームのジオラマは、宇宙のジオラマ以来の予選落ち…(涙)
悔しいです。非常に悔しいです。
もっともっとやれる事や監督に協力できることがあったはず。
もうホントに不甲斐ない結果を残してしまいました。
応援してくれたみなさん、ホントにごめんなさい。

どんなカタチになるかはわかりませんが、来年もまたチャレンジしようと思います。

思うんですけど、やっぱり凄いと思う作品はどこに行っても凄いんです。
そして、大会やコンテストのためじゃなく、自分の思い描いた完成像に向かってストイックに制作した作品だと思うんですよね。

自分の作りたいモノを作って評価される、というのが大事だと思います。
ぼくもそういう作品を作れるようになりたいですよね。

◆さて、
ぼくはぼくの芸風に磨きをかけるべく、またまた旧キットの道を邁進ですw
今日からマーシィドッグの制作に入ります。
7年前の続きですw

この間詰め込んだパテを取り除いた脚部から加工に入ります。

足首はマーシィなんでそのままでもいいかなとは思いましたが、のっけから手を抜くのもアレですので、キッチリやります。

1㎜幅を詰めます。

わかりにくくてスミマセンが、左側がアフターです。
たった1㎜ですけど、比べてみると結構印象が変わりますね。

で、写真を見るこの下肢の可動なんですが、ほとんど動きません。無改造だとこのまま直立です。

加工部分は、

・足首の関節新造
・ヒザの関節新造
・足の甲のアーマーの後ハメ化

さあ、張り切っていきましょう!

まずは最難関の足首関節ですが、脛パーツ側のキットのダボが2.3㎜径というしょーもないサイズですので、加工に工夫が必要です。

ここは真鍮パイプを使って、

こんな感じに。
ロールジョイントを入れました。
また、装甲版の後ハメのための溝も切ってあります。

足首の方は、5㎜のボールジョイントを平棒で囲って関節ユニットを作ります。

ムダな精度だとは思うんですが、こういうところで練習しとくと、見えるところの精度も上がってくので、ミリ単位で合わせてあります。

さらに、平棒を駆使して上部の隙間も埋め、

これで出来上がりです。

これでヒザから下の後ハメ&可動化ができました。
組み立てると、

このくらいの可動が確保されました。
久々に4時間ほどみっちりやりましたが、なかなかいい感じです。

次回は腿~ヒザを作っていきますよ!

コメント