1/35 スタンディングトータス #2 ~股関節~

◆昨日は
休みでしたが、午前中はちょっと仕事。
法務局に用事があって、カミさんを送った後行きました。

郡山の法務局って、狭い駐車場がいつ行っても満車で結構イラッとさせられるんですよね。
そして時間関係なしに混んでるし…。
なんて思いながら到着すると、駐車場にはロープが張られ、建物はもぬけの殻に。

移転してました…。

案内の地図を見て、そこからクルマで5、6分の所に引っ越した新庁舎に。

で、デカい!駐車場も広い!

デカいだけあって、施設が窓口というか要件別に分かれています。
法人関係はガラガラ。行って1分で用事が済みました。
今までのあの「待ち時間」って何だったんだろ?

こういう意味のある引っ越しはもっと早くしてくれるとよかったのにねぇ。

◆そんな
愚痴はおいといて、カメの制作です。

前回、足首~ヒザと、下から関節を作ってきましたが、今回は股関節。
関節部のキモとなる重要な部分です。

いつものように腿にボールジョイントを埋めようと思ってたんですが、こないだ遊びに来てたえんどーさんからパイプを使ってみたらと言われました。
面白そうなんで、早速やってみることに。

左がビフォー、右がアフター。
デフォルトの穴をプラ板と黒瞬着で塞ぎ、3mm上にパイプを通す穴を空けます。
プラパイプは、ボールの♂がキツキツになるように、内側にプラシートの細切りを貼って内径を調節してあります。

股関節は、ふんどし内部のデフォ穴に4㎜のポリキャップがジャストで入りますので、隙間をプラ棒&プラ板で埋めながら設置します。

ボールジョイント♂の足は3㎜径ですが、そこに4㎜の真鍮パイプをかぶせて股関節の軸ができるだけ太く見えるようにしています。

で、こうなりました。

アーマーを付けると、

こんな感じに。
キットの関節をポリキャップとボールジョイントに置き換えただけでも結構いい表情が出そうですよね。

プロポーション的には、元と比べると、股間で3㎜、ヒザで0.5㎜、足首で1.5㎜で、トータル5㎜ほど足が長くなりました。
これは可動のクリアランスを稼ぐ効果もあるんで一石二鳥です。

さて、関節の大まかな部分はできたんで、次回は脚部のツメにいきます。

1.膝をもっと曲がるように加工
2.足首、ひざ裏のアーマーの形状、取り付け方法の変更
3.合わせ目消し
4.右ヒザステーの自作

うっ…
結構面倒くさい…www

コメント