1/24 ストライクドッグ #19 ~ふくらはぎ①~

◆先日
録画した、MJアニソンスペシャル2。
今日やっと観ましたが、アレはヤバいですよ、マジで。

マクロスFとレスキューの曲以外は聞いた事のない曲ばかりでしたけど、思わず聴き入ってしまうアニソン歌手の歌唱力。

特にkalafinaっていう3人組が凄い!
カミさんが思わずアニメイトに行ってCD買うとこでした(笑)
たぶん買うな~こりゃ…

M’sさん、次はレスキューの歌ね~!
爆チン完了~!!

◆はい、
プラモの時間です。

最近また週イチモデラー(しかも短時間)になってます。
ヤバいヤバい。
これじゃあ完成はいつになるやら…

とかぼやいててもしょーがないんで手を動かしましょう、手を!

前回のおゆまるで取った型にエポパテを詰めて、いよいよ下半身最大の難関ふくらはぎに突入です。

ココのカタチも、スコープドッグとは決定的に違うんですけど、多くの立体物や作例ではスコープドッグと同じになっています。
それだけこの部分が難しいという事なんでしょう。

やりようは、

① スコープドッグのカタチのまま下部のみ加工
② 元キットにパテを盛って成形
③ ふくらはぎを切り落として新造

写真のふくらはぎは、下部を切ってみました。
ストライクドッグではこの部分にスラスターのようなものが付きます。
でも、この状態ではちょっとカタチが不自然ですね。

そこで、②を試すべく、パテ盛り前にふくらはぎに傷を付けています。

が、ここでふと思いました。
ふくらはぎのパーツは、左右2つずつ計4つ。
一つ一つやって同じにできるのか?

うう~ん…ビミョ~…

ええい!考えんのがめんどくさいわ!
切ってまえ~!!!
あとは出たとこ勝負よ!
てなワケで③でいきますよ~!

と、ふくらはぎを切り落としました。(大丈夫か~?)
やっちまった以上はここから何とかするしかありません。

とりあえず厚紙で型紙を作って、エポパテで削り出してみます。

さ~てどうかな~。

このエポパテが硬化したらやってみます。

コメント