1/100 ギャロップタイプ #2 ~腕の加工~

◆会社の決算も
一段落してホッとする間もなく、みちもでまであと10日を切りました。
もちろんギャロップは前回からまったく手つかずの状態となっています。

どーしよ…
間に合うのか…?
過去作でお茶を濁そうか…?

と思ってた矢先、キンドーさんのガラバゴスの画像を見て奮起w
やる気出ました!
間に合うかビミョーですけど、やるだけやってみます!!

というワケで、昨夜から作業部屋に籠り制作開始!
まずは腕からやっていきます。

ギャロップの腕は、手→下腕→上腕と、順に挟み込んいく構造になっています。
この中で、関節部は、「手首」、「肘」、「二の腕」、「肩」の4か所。

時間がないのでそのまま組んで塗り分けでもいいんですが、ちょっと試したいことがあり、手首と肩を後ハメにすることにしました。

ネオジム磁石プレイですw
本来なら強度を稼ぐためどっちも磁石を仕込むんですけど、ギャロップは極小のため片側はセッターで充分です。

肩は、ボディ内に、

こんな基部を作って、

こう埋めて完了。

今夜合わせ目の処理に入ります。

で、困ったのが半分埋まったディテール。
特に合わせ目付近にあるリベットのような凹モールド。

コレをどうするか…
悩ましいです。

とにかく、今夜続きをやります。

頑張るぜ~!

コメント