居残り補習 ①

◆約3週間ぶりに
プラモをいじりました。

オラザクが終わって、さあ!スコタコの続きを…
といきたいところなんですが、作業部屋はオラザクの残骸でいっぱいです。

まずはコイツらを片付けないといけません。
GP23は、百式とMkⅡの二個イチでしたから、当然使わなかったパーツもたくさんあるわけで、さらにMGのデカい箱も2つあります。
全部捨てるのももったいないし、そのままストックするのもスペースのムダ…。
てなわけで、パチ組みしてジャンクパーツとして保管する事にしました。

百式本体の未使用部分。
ただ組むだけなんで、簡単簡単と思ってましたけど、こんな時にはアンダーゲートがずいぶん邪魔ですね。
そのままでも良かったんですが、またヘンな性格があだとなり、デザインナイフで処理しながら作業をしました。

どうでもいいと思って組んでる時にかぎって、キットを冷静に見れるのか、関節やパーツ同士の形状や関係性なんかがすごくよく理解できたりします。
こういう作業も結構大事なんだなぁ、と再発見です。

なんだか、居残り補習をやってるような気分ですけど、これはこれで面白い。
今日はバリュートパック。明日はMkⅡ。これらジャンクパーツが日の目を見る日が来るのかはわかりませんが、捨てちゃうのはかわいそうなんで、居残り補習はもう少し続きそうですね。

コメント