地震から1ヶ月経って

◆ここのところ
友人や町内で不幸が立て続けにあり、なんだかかなり忙しい感じです。
今日もお通夜に行ってきました。

そんな今日この頃なんですが、気付けばあの地震から1ヶ月。
仕事もできなくなってるのにあっという間でした。

我が福島県は、地震・津波・放射能・風評の4重苦。
特に原発はシャレにならないとこまで来てます。

“レベル7引き上げは専門家の判断…首相(読売新聞) – goo ニュース”

今頃レベル7とか言ってるところがおめでたい。
福島の原発はこれからどうなっていくんでしょうね?

補償を考えれば、郡山30万人全世帯避難なんて事になれば、想像もできないくらいの金額になるでしょうから、いよいよとなっても真実は知らされないんでしょうね~。

そしてその補償にしたって、東電だけでは払いきれないんで国もとなると、結局税金ですよね?
財源確保のために増税なんて事になれば、結局ぼく達にツケが回ってきたり、なんて事になりかねません。

その一方で、東電の役員は何千万という年収を確保したままという…。
ホントにおかしな話です。
保安院の連中にしたって同じです。
もうあいつら全員ボッコボコにして身ぐるみ剥いでやりたい気持ちですよマジで。

今回の地震や津波のような災害に限らず、何か不測の事態が起こった時に、人の力で制御できないようなモノを作っちゃダメだっつーんですよ。

この原発の大参事を目の当たりにしても、先日の選挙で原発のある地域では原発推進派が当選しています。
原発がある事によって入ってくる金と、地元住民の雇用。

安全ではないとわかっていても、もう切れないという状態ってそうとう危険だと思います。

結構短くしたつもりですけど、言いたい事を文章にするのって難しいですね。
もっともっと言いたいことが山ほどありますが、アタマの中がこんがらがってきたんで今日はこのへんで。

 

◆そうそう、
ここにきて余震が激しいです。

震度4、5はもうあたりまえになってきました。
そして、今までは感じませんでしたが、地鳴りのような音が聞こえるようになりましたよね~。

そして、最近TVとかで「頑張ろう福島」なんてフレーズを聞くたびに、なんだかイラッとするぼくがいます。

みんなとっくに頑張ってんだっつーの。

コメント