初めてのハンドガン戦

◆木曜日は
いつものようにバスケのはずだったんですが、主要メンバーが出張やら風邪やらで、夕方になって中止の連絡。

今日は練習後にサバゲーをやれる公園を探しに行く予定でした。
バスケが中止になったんで、早い時間から公園探しに行く事になったんです。

雨の中、メンバー4人で公園探索を開始。
サバゲーと言ってもハンドガン戦です。迷彩服を着てデカいライフルを持って、という大げさなものではありませんが、それをやるための公園にはいくつかの条件があります。

1・駐車場がある
2・公園内にライトがあり、ある程度の明るさがある
3・ただ広場だけではなく、いろいろ障害物がある
4・まわりに民家がない
5・夜、人があまり来ない

この条件を満たす公園を探さないといけないんですが、1と2が難しいんですよね。ほとんどの公園は駐車場がないか、あっても早い時間で閉まってしまい、ライトも消されてしまいます。

しかし雨の中回った3つ目、その公園は思ったよりも早く見つけることができました。
駐車場は10時までですが、その他の条件はほぼ完璧に満たしています。雨も止んだので早速公園内に行ってみました。

そのH公園、遊具などはないんですが、アップダウンの激しい地形に、手入れが行き届いた芝。立ち入り禁止の場所はなく、デカい木や看板が点在しています。その上ライトもあって明るくかなり広い。今は寒いので夜は人気もありません。ここなら充分楽しめそうです。

雨も上がったし、とりあえず試しにやってみるか!と全員ゴーグル装着!

◆ハンドガン戦のルール
これには大きく分けると3つあるようで、

1・全員が敵のサバイバル戦
2・全員が敵のシンボル争奪戦
3・2チームに分けてのシンボル争奪戦

のような種類があります。それぞれの説明は次の機会にするとして、今回は手っ取り早い1のサバイバル戦をやってみました。

◆いざ、ゲーム開始!
サバイバル戦はとにかく全員倒して最後に残った人の勝ちですから、ルールは簡単。公園中央でルールを確認し解散。1分後にゲーム開始です。

敵は3人。ぼくはデカい木の陰で様子を見ますが、誰も見えません。木の陰を移動しながら敵を探します。
いました!やはりぼくと同じように木の陰で索敵中です。向こうもこっちに気付いたようで、いきなり撃ってきました。
ピシッ!ピシッ!と木に当たってる音がなんとも痛そうです。負けずにこっちも応戦。
木の陰をつたって回り込みながら相手を狙っていきます。
…逃げられました。

また索敵をしていると、どこからか戦闘音。どこかで撃ち合っているようです。
で、ぼくもまた見つけた敵にそっと近づいて…トリガーを引くッ!当たらない。
意外と当たりません。自分も相手も動きながらだと、思った以上に当たんないんです。
それに気付いたぼくは後ろが無防備な場所から走り込んで相手の逆側に。
激しく撃ち合いましたが、やはり相手の背後からもう1人敵が現れます。
そこでもヒットせず、また振り出しに。

ぼくは空になったマガジンに弾を補給し、また索敵しながら移動していると、茂みの陰に隠れている敵が…。背後に回りこんだところで相手も気付き、撃ち合いになります。

「痛ッ!!!」

やった!初ヒットです。
仕留めた敵を喫煙所(ここはやられた人が居るとこ)に送り、索敵を開始した瞬間、目の前の木に弾が当たる音。狙われてる!
近くの大きな木に隠れて相手の位置を確認し、撃ち合っていると、また別の敵が狙っています。2対1の不利な状況。ここは大きく回りこみ回避!

と、ここでタイムアップ。ぼくの(みんなにとっても)初ハンドガン戦は終了。
試しにやったにしては充分楽しめました。人数によって行動範囲や時間を制限するなど、ルールに一考の余地はあるものの、ハンドガン戦の面白さにハマリそうです。

追記:もちろん使用しているBB弾は土に還るやつですよ!

コメント