プラモ展示会 搬入&セッティング

◆今日は朝イチから
まずトイスかんのに行って、展示している6体を引き揚げました。
そして、ガンプ、TKと合流してモルティへ。

展示会場である第1展示室。何もない状態だとかなりの広さで、ここにプラモデルが100体以上並ぶと思うとそれだけでコーフンしちゃいます。
テーブルを出して白布を敷き、RRMの看板をかけて、キットのセッティングです。

これがまた大変でした。
立たないんですよ、ぼくのエルガイムMk-Ⅱが。
ウチの棚にはなんとか立ってたんで大丈夫かなと思ってたんですが、甘かった…。
ほんの少しの振動を待つまでもなく、数分置いとくだけでカクッとなってしまいます。恥ずかしいんでテイクアウト。残念です。

立たないのはこいつだけではなく、完成から1年以上経っているベルゼルガもかなり危険な状態でした。
きつくしたはずの関節部もポリ接合部が緩くなっていて、直立さえも不安定に…。
持参した瞬着で、6箇所ほど無理やり固めて自立させました。

これは今後の課題です。これは以前から感じていたんですが、ボトムズの1/35や、エルガイムの1/144などの小スケールのキットをフル可動にした場合、クリアランスの関係でどーしてもポリパーツは小さくなっちゃうんですが、これだと保持する力が弱いため必然的に関節は弱くなりがちです。
強い関節を作るか、固定ポーズにしないとまたこういう目にあいますからね。

約1時間ほどでセッティングは終了。
レオンさんのPGストライクは、どうしてもエールストライカーがピシッと付かないので、本人が来場した際に付けてもらうことにして作業を終えました。

今回のメインコーナーは作品数が1番多かったSEED、ファースト。
やっぱりガンプラはキットの完成度が高いので組みやすいんですよね。そういうことだと思いました。

2つ目の課題はここです。
ガンプラ以外のキットをガンプラと同じくらいのクオリティで作りたい。
プロポーションと強い関節の両立は、言うのは簡単ですが、やるのは難しい。もちろんそんな事はわかってるんですが、2年もやってるのにガンダム以外のキットが少なすぎです。

3つ目の課題はスケール。
家で作ってる時はどちらかと言うと至近距離で見てますからキットの細かいところもよく見えますが、広い会場で展示すると、「小せぇ~!」の一言。まったく映えません。
やっぱりデカいの(ガンプラなら1/100以上)じゃないとダメですね。今後しばらくは小さいサイズはお休みです。

なんて事を考えたり反省したりの今日のセッティング。このほかのRRMコーナーやぐんもの作品は、後日、RRMのイベント探訪で発表しますのでお楽しみに!

◆RRMスタッフ
オッサントリオの雄姿(?)を初公開!


左からプロフェッサーTK、ぼく(J.J.)、ガンプ

急遽作成したスタッフTシャツは、ちょっとプリントに失敗して、汗で滲んでしまいました。原因はよ~くわかってるので、作り直して再度配給しますね(笑)

◆お盆と言えば
お墓参りにも行ってきました。
今は亡きじーちゃんばーちゃんに近況を報告しつつ、お参りしました。
会津にも行きたかったんですが、時間が無いので後日改めていく事にしました。

 

◆そして今夜も
会社の仕事。今日の仕事は量が多く、3時4時までかかりそうな予感です。

コメント