バッグの話

◆全国的に
お盆休みに突入しました。
いやぁ大型連休なんて取れる職業がうらやましいですなぁ。

しかしアレです。
そんなおかげでショップの方も忙しかったりしてますのでありがたい話です。

さて、今回は最近自分的に気になるバッグの話です。

その昔…もう20年以上前。
当時はビジネスや旅行以外で、男がバッグを持つなんてダサ…なんて風潮でした。

その頃はまだケータイなんてありませんでしたから、男の持ち物と言えば財布と鍵、タバコくらいで、それらを洋服のポケットに入れて、他はシステム手帳をハダカで持ち歩くくらいが普通だったような気がします。
まあ、メンズのバッグなんて借金取りの集金袋のようなセカンドバッグみたいなのしかありませんでしたけど。

そこに、PRADAのショルダー(薄いヤツ)が流行ったところあたりから、男が普段使いのバッグを持つというのが認知されてきました。

さらにケータイ電話の普及で持ち物が一つ増え、特に夏場はポケットが足りないぞという事態に。

このへんからメンズのバッグという市場が注目されはじめ、吉田カバン(PORTER)などがデザインと実用性を兼ね備えたバッグを多数発表し、普段使いのメンズバッグが完全に市民権を獲得しました。

その頃のぼくはというと、ちょうど独立して郡山に帰って来た頃でしょうか。
仕事用にブリーフケースを使ってはいましたが、財布、ケータイ、鍵、タバコは、上着のポケットに入れて使っていました。
やっぱり、貴重品をカラダから離れたバッグに入れて持ち歩くというのに抵抗があったからです。
なので、夏でもバッグ代わりにジャケットを持ち歩くという感じでした。

そう、当時はスーツかジャケットスタイルで店に立っていたため、ジャケットがバッグの替わりだったんですよねぇw

でも困るのは休みの日。特に夏場。
さすがに休みの日までジャケットを持ち歩くワケにはいかないので、いよいよバッグ導入です。

じゃあその頃はどんなバッグが流行ってたのかというと…
ウエストやベルト、パンツのベルトループに付けるタイプでした。
ウエストバッグやシザーバッグと呼ばれる種類です。

これらは座ったりしても付けっぱなしでよかったため、肌身離さず貴重品を持ってられるので、まあ言ってみれば大きなポケットが増えたという感覚でした。

このウエストバッグの種類はホントにたくさん買いました。
今でも使ってるヤツもありますし。

しかし、年齢と共にローライズのデニムのウエストに重い荷物をぶら下げてるのが辛くなってきました。

その頃になると、ショルダーバッグやトートバッグ等、現在主流になっているバッグ達もメジャーな存在になってましたので、そっちにシフトしようかどうかという時に、カーゴパンツをよく穿くようになります。

テットオムのカーゴパンツはサイドポケットにマチが付いてますので、荷物が全部収納可能という優れモノです。
これで荷物問題は無事に解決…したんです。2年くらいは。

でもほら、流行ってのは移り変わるじゃないですか。
ボトムがジーンズやチノパンなど、プレーンなシルエットのモノが主流になってくると、さすがにカーゴパンツの出番も減ります。
さらにここ2、3年で急速に普及したスマホ。ぼくももちろん使ってますので、普段の荷物がさらに増えていってるというのもありますよね。

そしてぼくの趣味に「写真」が加わり、普段からカメラも持ち歩きたいなぁなんて…。

そうなると再びバッグが必要にw

なんて考えるのは全国同じようで、メンズバッグというカテゴリーは、メンズのアパレルの中では1番の成長株になってるんじゃないでしょうか。

で、ここまでの経緯を踏まえて話を整理してみると、

・財布、スマホ(+イヤホン)、鍵、カメラ(+予備のバッテリ)が入るバッグ
・仕事の時はPCと書類が入るバッグ

の2つを使う事になります。
実際今はそういう風に使っています。

でもねぇ…
大変なんですよね、2つのバッグを持つとなると。
カメラとPCだけでも結構な重さになりますし。

いろいろ考えた結果、職場に仕事専用のPCを置いておけば、バッグが1つで済むという結論に。
そうなると、実用的にもデザイン的にもレザートートあたりがいいのではないかと思うんです。

と、ここまでいろいろと書いてきたんですが、ぼくの場合用途というか、必要だからバッグが欲しくなり、実用性の部分を備えたうえでデザインや色のセレクトになってます。
それでいろいろ買って使ってみましたが、やっぱり失敗もあるワケです。使いにくいとか、色やデザインが洋服に合わせにくかったとか。

現在、市場には様々なバッグが溢れています。
ぼくの店にも、

ワンショルダーのボディバッグ、

ショルダーにもなるクラッチバッグ、

小型のショルダーバッグ、

レザートート類 etc…

たくさんの種類を揃えてはいますが、新作が入荷すると、全色揃った状態で写真を撮る間もなく売れてしまうくらいバッグは人気のアイテムとなってます。

もうね、男も女性と同じようにTPOや洋服に合わせてバッグを使い分ける時代になってきてるんですね。
自分でもここ1、2年でバッグをいくつ買った事やら…。

こんな風に自分のバッグを選ぶような日が来るなんて、それこそ20年前には予想もつきませんでしたが、買い手の目線でバッグを見るようになると、自分の店の商品はもちろん他の店に売ってるバッグに関しても「見る目」が養われてきます。
必ずしも値段の高い物イコールいいものではありませんが、やっぱり安物はそれなりです。

どういうのが悪いのかとかはあえて書きませんが、今やファッションの一部となったバッグは、洋服を選ぶように真剣に選ばないといけないなと思うワケで、それは客さんに薦めるにしても同じ事。

最近、そんな事を思うようになりました。

長々と戯言を書き連ねちゃいましたが、みなさんもバッグ選びは楽しみながらいいモノをセレクトしてほしいなと思います。

さて、明日から連休。
久しぶりに親戚の所にでも行ってきます。

 

 

コメント