タイプ別 大人のメンズコーデに合うバッグ選び

◆ようやく

重いアウターから開放される春夏のスタイルですが、同時に財布やスマホを持ち歩くのにバッグが必須となる時期でもあります。

男性がバッグを持つのが当たり前となってもうずいぶん経ちます。

ぼくの覚えている限りでは、カジュアルにおけるメンズのバッグは、20年ほど前にウエストバッグの流行から始まったように思いますが、それから現在に至るまで毎シーズントレンドは移り変わり、ショルダーバッグやトートバッグ、クラッチバッグ、リュック等々、ひと通りのカタチは出尽くしたんじゃないでしょうか。

今シーズンは一周してまたウエストバッグが人気となっているようです。
さらに最近では、バッグを持たない手ブラ至上論まで出てきていますが、着るものの枚数が少なくなる春夏では、さすがに持ち物全てをパンツのポケットに収納するのは難しいものです。

では、今バッグを選ぶなら何をどう選べばいいのか?
今回はバッグの種類と選び方について書こうと思います。

 

■ バッグ選びの基本

前述の通りメンズのバッグはひと通り流行が回った感がありますが、その殆どは今でも普通に売られています。

これは、ある程度のトレンドはあるものの、スタイルやシチュエーション、そして収納量によってバッグを使い分けることができるようになってきたことを意味します。

男性のカジュアルスタイルもキレイ目やアメカジ、スポーツ、ミリタリーなど多様化していますが、合わせるバッグもファッションアイテムの一環として使い分けることで、よりコーデが洗練されたものになります。

というワケで、今回はバッグのタイプ別に、コーデの相性やそれぞれの長所短所を考察していきます。

 

① ウエストバッグ

 

今年注目度が上がっているウエストバッグ。
様々なバッグブランドやアウトドアアイテムのブランドからリリースされており、アパレルブランドやセレクトショップでもよく見かけるようになってきましたよね。

【長所】
・程よい大きさでバッグを持っている感覚がない
・両手が空く。

【短所】
・アウターを羽織る場合は短い丈のものでないとシルエットに影響する。
・座るときやトイレで用を足すときなど、着脱が意外に面倒。

【相性のいいスタイル】
・アメカジ
・スポーツ
・アウトドア

手ぶら感を出せるウエストバッグは、アクティブなイメージのカジュアルコーデとの相性は抜群です。
素材は軽さを重視するならナイロン、高級感を重視するならレザーの選択となります。
ベルトの余りやひも類が極力ないものを選ぶとより上品な見え方になりますよ。

また、ウエストバッグを斜めにかける使い方のできるものもありますので、こちらはボディバッグのところにまとめておきます。

 

② ボディバッグ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボディーバッグ メンズ ショルダーバッグ 2way
価格:5940円(税込、送料別) (2018/5/7時点)

 

多くのブランドから発売され、中年男性に愛用者の多いのがボディバッグ。
ウエストバッグを斜めがけしたものもボディバッグです。

【長所】
・程よい大きさでかさばらない
・両手が空く

【短所】
・アウターを羽織る場合は、前を留めておかないとだらしない
・着脱が意外に面倒。

【相性のいいスタイル】
・アメカジ
・スポーツ
・アウトドア

使ってみると、その使用感はウエストバッグに似ています。
ただし、アウターの前を留めなければならなかったり、ボリームのあるアウターだと格段に使い勝手が落ちるので、キチンと斜めがけにするなら軽装時の着用がメインとなるでしょう。

 

③ サコッシュ

 

一昨年から去年にかけてブームとなったサコッシュ。
薄くて小さなポーチを斜めがけできるようにしたバッグで、ちょっとした外出にとても便利です。

【長所】
・とにかく小さくて軽い
・両手が空く

【短所】
・最低限の収納力
・高級感はない

【相性のいいスタイル】
・リラックス
・リゾート
・スポーツ

必要最小限の荷物で出かけたい時は、軽くて小さなサコッシュが非常に便利です。
サコッシュの素材としてはナイロンやポリエステルがよく使われていますが、レザーのものもあり、それなりに雰囲気があります。
素材やデザインによってはキレイ目系スタイルにも合わせることができます。

 

④ ショルダーバッグ

 

ショルダーバッグは、文字通り肩がけや斜めがけできるバッグの総称で、デザインや大きさも様々なものがあり非常に種類の多いのが特徴です。
メッセンジャーバッグもショルダーバッグに含まれます。

【長所】
・サイズ、素材、デザイン等、用途によって選べる種類が多い
・両手が空く

【短所】
・選び方を間違えると野暮ったくなりがち

【相性のいいスタイル】
・アメカジ
・リラックス
・キレイ目

様々なコーデに相性がよく、気軽に持って出られるショルダーバッグは、アウターの有無や種類に左右されることが少ないので、同じく斜めがけできるボディバッグよりも使いやすいと言えるでしょう。

素材はナイロンか本革のものがおすすめです。

 

⑤ リュック

 

数年前にブームとなって以来、メンズバッグの定番となった感のあるリュック。
素材やデザイン、サイズも多岐にわたり、アウトドア用からタウンユース、さらにはビジネス用まで、現在でも進化が続いています。

【長所】
・圧倒的な収納量
・サイズ、素材、デザイン等、用途によって選べる種類が多い
・両手が空く

【短所】
・価格なりの見え方(安いものは安っぽい)
・下に置く時はボディが直接地面に触れる

【相性のいいスタイル】
・アメカジ
・リラックス
・スポーツ

リュックは学生の使用率が非常に高いので、大人っぽく見せるにはやはりそれなりのいいモノがおすすめ。
余ったベルトやひも類が目立たないデザインのモノのほうがより上品に見えますので、よくチェックしましょう。

 

⑥ クラッチバッグ

 

ブームが去っても人気の衰えないクラッチバッグ。
やはりキレイ目系のコーデに合わせた時のシャープな雰囲気はやはりクラッチバッグ、というところでしょうか。
スーツにもよく合いますので、結婚式に持っていくバッグとしても人気となっていますよ。

【長所】
・シャープな雰囲気
・スーツに合わせて冠婚葬祭用にも使える

【短所】
・手で持たないといけないので、片手がふさがってしまう
・コーデを選ぶ

【相性のいいスタイル】
・スーツ
・キレイ目
・リラックス

「カッコよく見せる」バッグなら、今もクラッチバッグが筆頭です。
素材は軽い本革製のものが見え方もよく長く使えるのでおすすめ。
シックなコーデにさり気なく持つことで、より好印象のイメージを作りましょう。

また、ショルダーとのコンバーチブル仕様で汎用性を高めたものや、グッとサイズをコンパクトにして持ちやすくなったミニクラッチも人気です。

 

⑦ トートバッグ

 

メンズのバッグの中で、最も汎用性の高いのがトートバッグ。もはや定番中の定番と言っていいでしょう。
用途としては、カジュアルコーデに合わせた普段持ちからちょっとした旅行、そしてビジネスまで、幅広く使われています。

【長所】
・スタイルや用途に合わせてサイズや素材、デザインが豊富
・品のある見え方
・肩にかけられるものは使い勝手が抜群

【短所】
・特になし

【相性のいいスタイル】
・スーツ
・キレイ目
・リラックス
・リゾート

様々なスタイルと相性がよく使い勝手のいいトートバッグですが、選ぶポイントとしては、
・上部がファスナーによって留められること
・底鋲が打ってあるもの
が基本となります。
素材は本革の軽めのものがおすすめで、リラックス系やリゾート系のスタイルではキャンバス地もいいでしょう。

 

以上、簡単ですがタイプ別にバッグの選び方を解説してきました。
今までバッグを使ったことのないという方でも、一度使うとバッグの便利さに気付き、いろいろと種類が欲しくなったります。ぼくがまさにそうでした。

今まで何十個とバッグを使ってきましたが、ジャケットを着ることが多い今現在、一番使用頻度の高いのが本革のトートバッグ、次点で小ぶりのショルダーです。

初めて本格的にバッグを…という方は、本革のトートがおすすめですよ!

 

 

コメント