ケツカッチンの週末 その1

◆仕事の方で
ここ2週間ほどバタバタでした。この間に予定していた約束(主に遊びの)はすべて先送りになっていたので、土日は遊び倒してしまいました。

土曜日は会社の鉄砲部の第2回ハンドガン戦が開催されました。
2回目ともなると、要領はつかめていますので、前回よりもより白熱した戦いになりました。
今回の参加メンバーは4人。ルールの確認後、夜の公園に散りゲームスタート。
今回は敵を全員倒して最後に残った者の勝ち、という簡単ルールでやりました。

前回やってみてわかったのは、自分も相手も動きながらの銃撃戦だと意外と当たらない、という事。というわけで今回はよりアグレッシブに攻めてみました。

動き回っていても、足音や気配を感じてからでも充分対応できます。
じっと隠れている敵に注意しながら索敵。1人倒し、2人倒し、最後に1人も追い込んで見事倒し、1回戦はぼくが勝利しました。

そして2回戦目に突入!
木の陰で、弾をこめている敵を見つけて即KO!
すると、別な木の陰から狙われていました。弾は近くの木に当たり「パチン」と痛そうな音。
ぼくはその木の陰に隠れ、銃撃戦。1、2…。敵の弾数を数えながら、木の陰からチラチラ姿を見せて弾を撃たせます。

相手は戦線を離脱しようと走り出しました。もちろん追撃します。相手は振り返りながらガンガン撃ってきますが、走りながらだとやはり当たりません。

敵の撃った弾数は20を超えました。そろそろマガジンが空になる頃でしょう。
その時、木陰に隠れた敵の撃った弾がぼくの右手親指の関節にHIT!

いや~、エアガンの弾をくらったのは初めてでしたが、痛いの何の…。
撃たれたところは赤く腫れ上がってジンジンします。

結局、2回戦目はぼくを倒したヤツが残りの1人も倒し勝利したんです。

今回は2回戦やりましたが、やっぱり実戦はたのしいですね~!
弾があたると痛いし、走ると疲れるし、弾が切れたら周りを警戒しながらマガジンに弾を充填しないといけません。これはゲームじゃ味わえませんからね。

帰りはみんなでラーメンを食べて解散。
回を重ねてみんな立ち回りが上手くなってますので、次回が非常に楽しみです。

帰ってきてやることはいくつかあったんですが、疲れてソファで寝てしまいました。

コメント