ガルバルディβ #4 ~フレーム完成~

◆昨日の朝
首の後ろに何かプツプツができました。
なんかかゆいな~。と思いながら放っておいたら、夕方にちょこっと広がっています。
そして夜になるとさらにプツプツの範囲は広がってました。

気持ち悪いんで、皮膚科に行きました。
何かに触って湿疹ができてるようです。

すぐに治りますよ。
と薬をもらって帰ってきました。

大した事はないんでよかったんですが、この間の結膜炎といい、なんだかちっちゃい事で病院に行ってます。
年に2回も病院に行くなんて、ぼくにしたらかなり珍しい事です。
イヤですね~。

◆さて、
病院から帰ってきて、フレームの続き。

昨夜塗装したパーツに艶消しのトップコートを吹きます。
昼間あらためてパーツを見ると、黒鉄色を吹きもれてるところがチラホラ…。
まあ後でリタッチのついでに吹いときましょう。

コートをかけて、フレームを組んでいきます。

いや~ギャンのフレームの動くこと!
毎回思うんですが、フレームを考えてる人ってすごいですよね~。
どんなアタマしてんでしょうね~。

組みあがったフレームに、ギャンとガルバルディの外装を並べて寸法チェック。
やっぱりギャンで大正解。主要な部分の寸法はほぼ同じ。

フレームにキッチリ付くギャンの外装をどれだけ活かせるかがポイントになりそうですね。

で、最初の加工は胸部。
ぼくが何かをいじる時は、決まってど真ん中の胸部から始めます。
ここを決めてから、手、脚、アタマといじっていきます。

今日は夕方から出かけてしまうんで、ここまで。

まだパーツにナイフは入れてません。
本番はこれからです。

コメント