ガルバルディβ #1 ~改造プラン~

◆昨日は
batoraさんが店に来て、撮った写真を確認しながら写真のデータを渡しました。
頑張った甲斐あって、去年や一昨年に比べるといい写真がたくさんあります。
これから選定に入るわけですが、かなり大変な作業になりそうです。
監督、ヨロピク!!

その後、2人でランチを食べながら、個人戦の事やら来年のオラザクの事やらをアツく語り合ってあっという間に休憩時間終了です(笑)

◆で、
ぼくの個人戦の機体、ガルバルディβの制作にようやく着手です。

ベースの1/100旧キットは、ランナーのままサフを吹いた状態になっています。

このキット、時間配分を考えないと、中途半端に終わるか、ヘタしたら未完成なんて恥ずかしい事にもなりかねません。

昨夜は、作業部屋にこもって、改造プランを練りました。

ハルウミさんに借りた、ガルバルディβの設定画です。
う~ん…カックいい~!

なんでこの機体がMGどころかHGUCにすらならないのか不思議です。

まあ、それは置いといて、旧キットの素組み写真は、

う~ん、ビミョ~。
当時のキットにしてはよくできてるとは思いますが、細かく見てくといろんな部分でバランスが悪いですね。

このキットを改修するのに、どういう風にするのが効率がいいのか考えると、やっぱりMGのフレームを使って、外装を作っていくのが最も早そうです。

「MGのフレーム使うなら、仮組みは時間のムダ」

batoraさんの言葉。
おお~!賛成賛成~!!

さらに、

1.設定に忠実に作るんじゃなくて、ぼくのアタマにイメージしたカタチを作る
2.作品に「見せ場」を作る事

とのアドバイスをいただきました。

これらをふまえて、キットの制作に入るわけですが、ぼくのアタマの中にあるガルバルディβのイメージは、設定よりもだいぶどっしりしたシルエットです。

これは、M’sさんにこのキットを譲り受けた時から考えてました。
うん、ブレてない!

明日は、フレームとなるキットを買いに行って、本格的に制作に入ります。
見た事のないガルバルディβを目指して!

さあ、間に合わすぞ~!!

コメント