カプリコタイプ #3 ~手首周り①~

◆昨夜の
NHKアニソンスペシャル観ました?

最近のアニソン、いいですね~。
ありゃそこいらへんの歌手よりよっぽどすごい。

何だかCDとか買っちゃいそうな予感がしますよ。

◆今夜は
2時間ほど作業しました。
手首周りの加工です。

まずは前回ヘンな穴に詰めた木部パテを削って成形していきます。
初めての素材なんで、よ~くネリネリしたはずなんですが、どうも硬化が甘いような…。
冷蔵庫に入れといたキャラメルみたいな感じがします。

やっぱり練りが甘かったんでしょうかね?
まあ削れないことはないんで強引に削っていきます。

切ったり削ったりはかなりやりやすいですね~。感動です。

プラへの食いつきはいまひとつなような気はしますが、加工にかかる時間はずいぶん短縮できるんじゃないでしょうか。

で、ここの荒削りが大体終わったところで、手首の加工に入ります。

デフォルトでは、手首の動きは回転のみ。
これではポーズに表情が付けられませんので、後ハメを兼ねて、可動軸を追加しようと思います。

左がビフォー、右がアフターです。
リューターで袖口の板を取っ払って、手首のクリアランスを確保します。

やっぱり今回もリューター。
今年はリューター大活躍ですね~。

腕のパーツのどこに可動を仕込むか、悩みましたが、いいアイディアが閃いちゃいました!
それは次回のお楽しみということで。

てな感じで、今日はこんな感じです。

明日も頑張るじょ~!

コメント