アツいサタデーナイト

◆行ってきました!
あのn兄さんとのオフ会にぃ~!

参加メンバーは、
・たみー
・M’s
・maichi
・kenken
・カタナ
・チル
・ぼく
の7人。まるで侍か刑事のごとく…(意味不明)

待ち合わせた模型店の前で、営業妨害しながらご挨拶をして午後6時。
予約していた居酒屋で宴会スタート!

とりあえず飲み物だけ注文したところで、兄さんが作品を出~す!!!!!

しょっぱなから兄さんの作品を観て触って、かつてないほどガン見!
兄さんに「見過ぎだって」って突っ込まれるほどガン見!!

こうしてトッププロの作品を間近でガン見したのはもちろん初めてです。
言葉が出ないってこういう事なんだなぁ~って。

ここ何年かで、RRMも含めて、いろんな方の作品をナマで見てきました。
もちろん凄い作品もたくさん見てきたつもりでしたし、実際凄かったんですよ。

でも、兄さんの作品は次元というか、土俵が違う感じでした。
今までブログ等で画像は見てましたが、現物の圧倒的な説得力に終始ため息出っ放しでしたわ。
もうこれからは軽々しくプロとか言っちゃダメだぞmaichi!

で、各自持って行った作品をモジモジしながら出して兄さんに見てもらいます。
ぼくはストライクドッグを持って行きました。
社交辞令とわかっていても、褒められるとうれしいもんです。
褒められて伸びるタイプなんで、これからもっともっと頑張ります(笑)

メンバーのみんなもそれぞれ持ってきた作品を見てもらい、悲喜こもごもありながら…
もうテーブルの上はプチ展示会状態でした。

そんなコーフン状態が1時間半ほど続いたところで、ふと我に返って食べ物を注文し、ようやく飲み会の態になりました。

初めてお会いしたn兄さんでありましたが、厳しい事も暖かい事も、いっぱい話を聞かせてもらいまし
た。
n兄さんという方は、模型に楽しく真摯に向き合うアツいモデラーでありました。

作品を見て、その作者の人となりまで見えてしまう観察眼、常にパイオニアを目指すその心意気、大胆な発想を裏付ける繊細な仕事。
モデラーとして学ぶべきものがたくさんありましたし、ぼくなどまだ入り口の入り口にいるんだなぁと痛感しました。

そんな感じで、お約束の下ネタなども交えながらいろんな事を話しましたが、あっという間に0時を回り、モデサミでの再開を約束して宴はお開きとなりました。
楽しい時間はあっという間ですね。

ぼくらに付き合っていただいたn兄さん、ホントにありがとうございました。
アドバイスを胸に刻んで模型道に精進します。

・模型は現物を見られてナンボ
・自分の1番見せたい部分で手を抜くな
・とりあえずヤスれ

頑張ります!!!

◆そんな
テンション上げ上げなぼくですが、今週は前半ガッツリと仕事なので、後半からまた飛ばします。

陸ジム。

コメント