そして4月

◆いや~
あっという間に4月です。
2010年の1/4が終わったわけですよ。
プラモは1体も完成せず…orz
ヤヴァいわ~。今月こそは頑張ろう!

エイプリール・フールの昨日、家族が出かけちゃっていないので、午前中はナナのお守り。
午後から仕事でした。

みんなを送って行った後、初めてナナのリードを外して助手席に乗せてみました。

なれない席なんでおとなしいですね。
慣れるとチョロチョロ動くんでしょうね~。

と、家に戻ってきましたが、そんなに自由な時間があるわけでもなく…

あ、借りたのに観てないDVDがあったんで今のうちに観ないと!

 

<a href=”http://”><img src=”http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/b8/ddae2ea67c31967ef9ed8e5f28d9edd0.jpg”></a>

今さらですがカウボーイビバップです。
いろいろ話題になってたのは知ってたんですが、ロボモノじゃないんでスルーしてました。

ただ、やたら評価の高い管野よう子の音楽とやらがどういう風に映像と絡んでるのか観たくて、先週借りてみたという次第です。

6話まで観ました。
結論から言うと激面白いです。

何だろう…コブラのようなルパンのような…
大人のアニメって言うのかな?
アニメと言うよりドラマっぽい?

とにかくハマります。

サウンドも評判どおりの素晴らしさ。
この作品のオファーが来たときに、ジャズをというオーダーだったそうですが、管野よう子の出した答えがこの作品だと言うのを、アニソンのTVで観たことがありましたが、もう感動です。
やっぱり彼女は天才だわ。
間違いなくサウンドトラック買うでしょう。

◆話が
前後しますが、先日ボトムズ幻影編第1話を観ました。

原作の「孤影再び」は読んでませんけど、この作品はオリジナルの最終回から32年後の話。
32歳の歳をとった、バニラとココナの夫婦喧嘩で始まります。

登場人物に思い入れがあるので、この段階でテンション上がります。

内容についてはネタバレになるので言いませんけど、当時の声優ですし、OPも炎のさだめだし、BGMも当時のモノ(金がかかってないという見方もできますが…)で、原作の熱烈なファンであるぼくにはすんなり入っていけました。

次の第2話ではクメンに行くわけですが、予告ではなんとストライクドッグが!
1話ずつBDでってのもどーかと思いますが、第2話が待ち遠しいかぎりです。

今週、幻影編とカウボーイビバップを観たワケですが、ハタと気付きました。
どちらも作品として面白いんですよね。

ロボが好きなのは昔からなんで、最近(と言っても平成に入ってから)のアニメはロボモノばっかり観てましたけど、正直そのロボに惹かれないんですよね~。

やっぱり作りたいと思う機体は80年代のものばかりですから、ムリにナウなヤツじゃなくていいのかなあと。
「ロボ」という枷を外してみれば、面白いアニメの作品がたくさんあるんじゃないのかと。

なんかモヤモヤとしたモノが晴れたような気になりました。

そう言えばまた発売になってますよね。
ボトムズのDVDボックス欲しいな…
カミさんの許可は出ないだろうな…
勝手に買ったら修羅場だし…

さ、プラモ作ろう。

コメント