すずきのおっちゃん

◆今朝、
カミさんを職場まで送った後、頼んでおいたクルマ用のシャンプーを取りにマツダのディーラーまで行きました。

途中、旧国道沿いの富久山町という所を通るんですけど、一軒の廃屋があります。
そこは昔、「すずき」というおもちゃ屋でした。

お世辞にもキレイとは言えない店でしたし狭かったんですけど、ロボ系プラモの品揃えはピカイチでした。
もちろん、週に3日は行ってましたね(笑)

そしてぼくらが「おっちゃん」と親しみを込めて呼んでいた店主も、ロボ系が好きなようで、狭い店に展示スペースを作ってくれていて、ぼくらはそこに飾ってもらうべく、一生懸命プラモを作ってました。

そんな「すずき」はチビッコモデラーの隠れた聖地ともいえるような場所でした。
ぼくやTKはもちろん、batoraさんも子供の頃通ってたそうです。

ぼくが高校の頃、「すずき」は立ち退きをくらって市内の安積町というところに移転しました。
郡山は広いんで、市内と言っても富久山と安積ではかなりの距離です。
当時自転車しか移動手段のなかったぼくには、あまりに遠いところへの引越しだったんで、その後は2回くらいしか行けず、おっちゃんにお別れを言えないまま、店を畳んだと聞きました。

おっちゃんは今頃どうしてるんでしょうね~。
生きてんのかな…?

生きてたら70歳くらいになってると思うんですけど、展示会に来て欲しいなぁ。
なんて思いながら、昔の面影のままの店の前を通ったのでした。

誰かおっちゃんの居場所を…
知らないか…

コメント